賢い活用法と注意点

キャッシングサービス低金利のメリットを最大限活かすのであれば、さまざまなメディアや街中の広告などで目にする、金利ゼロのキャッシングサービスが見過ごせません。ただし詳細は各社それぞれ異なりますが、利用者に「ある条件」を基本設定しており、全ての利用希望者が対象ではありません。

この条件提示の主な目的は、他ならない自社の新規顧客獲得です。「初めて利用する人」「融資から一定期間内に全額返済した場合」に限り、最初の1回目のみ無金利というのが一般的です。ちなみに会員登録後の2回目以降は、各社が定める法定金利内の利息負担が必要となり、仮にこの利率が他社より高めに設定されていた場合、必ずしも「お得」ではありません。ならばとこのサービスを提供している各社から、それぞれ最初の1回目だけを利用することは、審査さえクリアすれば可能ですが、こうした行為はお金を借りる行為を軽く捉えてしまうリスクが否めません。親兄弟や友人に借金を頼む感覚で、キャッシングサービスの利用頻度を上げてしまう行為は危険です。あくまで必要に迫られた際の切り札として、その時点でより低金利のサービスを選択した上で、確実に完済してこそ、初めて「キャッシングサービスを賢く利用できた」と言えるのです。

しかし、最近では初回だけでなく何度でも無利息を謳っているキャッシングサービスも存在しています。ただし、もちろん条件があります。キャッシングから1週間であれば何度でも無利息というサービスです。このサービスを行っている消費者金融「ノーローン」のサイトを参考にしてお伝えします。1週間とはかなり短期間に思える人も多いと思いますが、給料日数日前にお金がピンチになることはよくあるパターンといえます。こうした場合にノーローンであれば生活費を少しキャッシングして数日後の給料日に返済すれば利息ゼロということになります。給料日前に限って出費が重なることだって多いです。こうした場合の切り札として活用すると便利かもしれません。

例えば、給料日まであと1週間。だけどおこづかいがピンチ!
そういうときに限って、予期していなかった出費があるもの。
そんなときは1週間無利息キャッシング【ノーローン】をご検討ください。

ノーローンは文字どおり、お借入れから1週間以内にご返済いただければお利息はゼロ。 金利を気にせず、安心してご利用いただけます。さらに「なんどでも1週間無利息」なので、 完済日の翌月以降のキャッシングに対しても1週間無利息が適用されます。

 

しかし、キャッシングはキャッシングです。金利ゼロもしくは低金利を「お得感」と捉え、安易な乱用に及んではいけません。無利息期間を一日でも過ぎれば利息は発生するのです。自分の収入に見合った生活を送ることも大事です。計画的に、理性的に活用するようにしましょう。


関連記事

見過ごせない金利負担

過払い金の存在をインフォメーションする宣伝や報道が飛び交い始めて久しい今日、私達はようやくキャッシングサービス利用時の「利息」というプラスアルファの負担に意識するようになりました。しかしこの過払い金は法定金利を越えた部分であり、法で定められた範疇の金利負担は、キャッシングサービスを利用する上で、負担が必要不可欠な対価なのです。

インターネットこうしたエンドユーザー側の意識と知識の向上に対応しようと、消費者金融業者は「より低金利」というお得感を前面に謳い、新規利用客の獲得に余念がなく、利用する側からしても、このメリットは見過ごせません。

各社の契約内容を調べての比較検討は、かなりの時間と労力を要する大変な作業ですが、最近ではインターネット上で、各社のキャッシングサービスの金利などを比較して紹介をしているので、参照してみると良いでしょう。ただし各社の金利設定は常に変更されます。古い情報や誤った数値、情報がそのまま残されてしまうのも、ネット上の情報の特徴です。必ず情報の鮮度を確かめた上で、実際の利用に際しては、必ず各社提示のリアルタイムの条件をチェックしてください。その他「金利ゼロ」の謳い文句も魅力的ですが、全ての利用者に適用されるとは限らず、こちらも内容の確認が必要です。


関連記事

キャッシングと金利

急に現金の用立てが必要となる場面は、時と場所、そしてこちらの都合などお構いなしです。「これを今買い逃したら、この先ずっと後悔するに違いない」と直感して衝動買いをしてしまうことや、生活上やむを得ない借入まで、調達すべき内容や金額もさまざまでしょう。そんな状況下での心強い味方として、消費者金融のキャッシングサービスがあります。今日ではわざわざ直営のショップに足を運ぶことや、書類を取り寄せて郵送してから審査を受けるなどの、時間や手間暇を要することもありません。インターネットを活用した来店不要での借入や、最寄りの無人契約機や他の金融機関のATMなど、いくつもの借入方法の選択肢が揃っています

キャッシングサービスしかし金融業者からお金を借りる以上、避けて通れないのが金利の負担です。「借りたお金を期限までに所定の利息を添えて返さねばならない」というルールは当然ながら、借入金額が大きくなれば、金利も比例して高額となってしまい、返済に窮してしまう利用者も少なくありません。こうしたリスク回避とキャッシング利用のメリット双方を視野に入れれば、わずかでもより低金利のサービスを選ぶ作業が大切です。

今日各金融業者は、新規利用者獲得効果を狙い、低金利でのキャッシングサービスの提供のみならず、金利ゼロを謳うケースも珍しくありません。ここではついつい見過ごしてしまいがちな、キャッシングサービス利用時の金利の再検証と、賢い活用法や注意点など、ぜひ知っておきたい関連知識をご紹介します。


関連記事