賢い活用法と注意点

低金利のメリットを最大限活かすのであれば、さまざまなメディアや街中の広告などで目にする、金利ゼロのキャッシングサービスが見過ごせません。ただし詳細は各社それぞれ異なりますが、利用者に「ある条件」を基本設定しており、全ての利用希望者が対象ではありません。

この条件提示の主な目的は、他ならない自社の新規顧客獲得です。「初めて利用する人」が「融資から一定期間内に全額返済した場合」に限り、最初の1回目のみ無金利というのが一般的です。ちなみに会員登録後の2回目以降は、各社が定める法定金利内の利息負担が必要となり、仮にこの利率が他社より高めに設定されていた場合、必ずしも「お得」ではありません。

ならばとこのサービスを提供している各社から、それぞれ最初の1回目だけを利用することは、審査さえクリアすれば可能ですが、こうした行為はお金を借りる行為を軽く捉えてしまうリスクが否めません。親兄弟や友人に借金を頼む感覚で、キャッシングサービスの利用頻度を上げてしまう行為は危険です。

あくまで必要に迫られた際の切り札として、その時点でより低金利のサービスを選択した上で、確実に完済してこそ、初めて「キャッシングサービスを賢く利用できた」と言えるのです。しかし、最近では初回だけでなく何度でも無利息を謳っているキャッシングサービスも存在しています。

ただし、もちろん条件があります。キャッシングから1週間であれば何度でも無利息というサービスです。このサービスを行っている消費者金融「ノーローン」のサイトを参考にしてお伝えします。1週間とはかなり短期間に思える人も多いと思いますが、給料日数日前にお金がピンチになることはよくあるパターンといえます。

こうした場合にノーローンであれば生活費を少しキャッシングして数日後の給料日に返済すれば利息ゼロということになります。給料日前に限って出費が重なることだって多いです。こうした場合の切り札として活用すると便利かもしれません。

しかし、キャッシングはキャッシングです。金利ゼロもしくは低金利を「お得感」と捉え、安易な乱用に及んではいけません。無利息期間を一日でも過ぎれば利息は発生するのです。自分の収入に見合った生活を送ることも大事です。

計画的に、理性的に活用するようにしましょう。

(見過ごせない金利負担)